>

外見だけで判断しないこと

しっかり中身を確認しよう

メンテナンスをする際は、外見だけ見て終了してはいけません
内部まできちんと見ることで、車に異変が起こっていないかわかります。
外見は綺麗でも、中身はボロボロになっていることがあります。
そこに気づかないと、劣化が進んでしまうので注意してください。
劣化してからでは、部品を交換しても車が動かなくなります。

綺麗な部品でも、年のため中身を確認してください。
そのため、車のメンテナンスが重量するまで時間が掛かります。
面倒に感じている人は、適当に終わらせてしまう傾向が見られます。
しかし、雑にメンテナンスをしても異変に気づけないので意味がありませ。
古い車を維持するために、メンテナンスの時間をしっかり確保してください。

半年に1回ほどのペース

車には、様々な部品が取りつけられています。
どの部品も大体、半年に1回ほどのペースで取り換えた方が良いでしょう。
例え外見は綺麗でも、半年も使っていれば内部は劣化します。
前回部品を交換してから、どのくらいの時間が経過しているのかチェックしましょう。
忘れないように、交換した日をメモに残しておくのが良い方法です。

走行距離が長いと、さらに部品を交換するペースが早くなります。
毎日車に乗っている人は、航行距離がすぐに長くなります。
自分が車を運転する頻度も考慮して、どのくらいのペースで部品を交換すれば良いのか見極めてください。
劣化している部品を、絶対に放置しないでください。
部品を新しくすれば、古い車も安心して乗れます。


この記事をシェアする